ブラジャーは意外にも汗を吸っています。
なるべく手洗いで、着用のたびに洗いましょう。

洗濯表示が《》の場合

容器で軽く「ふり洗い」します。汚れのひどい箇所は「つかみ洗い」で洗いましょう。
しっかりとすすいだ後、タオルで水気を拭き取ります。

絵表示が《》の場合

ホックを留めて、洗濯ネットか専用ネットに入れ、弱水流で5〜6分ほど洗います。
全自動の場合は、ソフト洗いやランジェリーコースに設定しましょう。

干す前にカップの形を整えましょう。
湿っているうちに、指先を使って肌側を中心から外に向かって引っ張るように丸く整えてから干します。

風通しの良い日陰に干します。 直射日光は、黄ばみや色あせなど素材を痛めてしまう原因になります。
特に化学繊維は劣化が起きやすいので注意しましょう。
伸びにくいカップの下2箇所を洗濯バサミで挟んで干したら、あとは乾くのを待つだけ!